和工房 やわらぎこうぼう | 和歌山 の 畳 たたみ 襖 ふすま  障子 しょうじ 専門店

日本各地のイ草(畳表)を取り扱っております。

畳に関してお考えの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL 073-462-7575

営業時間8:00~18:00 定休日/ 日・祝

SCN_0044

カテゴリー:日々の出来事

SCN_0026SCN_0037

畳は湿気を吸い掃く役目を持っています。

1年の間に畳替えをされた方。

畳は湿気を吸いすぎるとカビがはえる恐れがあります。

温度28℃以上・湿度80%を超えるとはえます。

【カビ対策】雨の日には

対策①扇風機を畳めがけて首振り対策・・・湿気は空気中を舞い床に充満しますのでそれをさける

対策②クーラー除湿で朝夕『む〰ん』としてる時間帯かけると部屋がカラッとします。

対策③除湿器で部屋の湿気を取る。カビのはえるような状態なら一日で除湿機の水がいっぱいになるでしょう!

カテゴリー:日々の出来事

襖には本襖と戸襖、また段ボール襖にスタイロ襖といろいろございます。

今回は戸襖張替の注意点をお話します。

戸襖とはローカとの取り合いやLDKとの取り合いに良く使われている襖です。

襖地はベニア板でできています、

ベニア板とは薄い板と板をボンドで貼り合わせたものです。

そのベニア板が10〰15年の年月呼吸を繰り返すことでボンドが切れて剥がれてしまうことが多くあります。

私たちが現場調査した時にはしっかりしていると判断しても

既存の襖紙を水でふやかしメクリ、完全に乾かします。

その上でまた水のりで貼る事により短期間で2回水をあてることになります。

そのことでメクレてしまうことが良くあります。

DSC_2834

少しのメクレであればパテ(粉状の固め材)で補修したりできますが

全体にメクレてくるものは新しく作り変えることになるでしょう。

 

カテゴリー:日々の出来事

襖紙を使って自分だけの襖ができます。

下地の襖は私たちが貼らせて頂き、そこからお客様が細かく切って貼り合わせたり

色を組み合わせたり、アートに仕上げたり。

またちぎり絵もできます(^^)/

私たちがそのお手伝いをさせて頂きますm(__)m

また親子でされると楽しい思いで作りになると思います(^^♪

DSC_0333

カテゴリー:日々の出来事

畳の引き上げ。

お客様の玄関、ローカ、壁を傷つけないよう養生からの畳引き上げ。

10407704_229732463864024_1841009284772779736_n

大きなタンスもカグスベール(床を傷つけず移動できる樹脂製の道具)楽々移動!

 

そして畳をめくった床をお掃除します。

 

工場に戻って畳を叩き天日干し。

10983426_229732487197355_910323846472829268_n

カテゴリー:日々の出来事